iPhoneXのカメラ関連のアクセサリ

iPhoneXはたくさんのアクセサリが登場していますが、サードパーティ製のアクセサリがとても充実しています。
その中でも特に注目されているのがカメラ関連のアクセサリです。

iPhoneXのカメラは主にデジタルズームですのでデジタル一眼のような使い方は似合わないのですが、アクセサリでは一眼レフカメラに匹敵する撮影を可能にした物も登場しています。iPhoneXのカメラで不満なのがレンズ交換ができないことですが、サードパーティ製のアクセサリではレンズを交換するアクセサリが注目されています。



これらのレンズキットはiPhoneXをデジカメの本体として利用し、レンズ部分をデジタル一眼レフのボディを使ったものが多いです。
iPhoneXは高性能なCPUが積んであるので場合によってはデジタル一眼カメラよりも使い勝手の良いボディとして利用されています。



また、交換式のレンズ以外に魚眼レンズや広角レンズなど簡単に装着するアクセサリも多数登場しています。風景写真や人物写真など固定式のレンズでは取りづらい場所でもレンズを追加するあくせさりがあれば撮影の幅が広がりますし、撮影した画像はアプリで修正もすぐできます。

また、ネットワークに繋がっていればすぐにバックアップとして写真データをクラウド上に転送してくれる機能もありますので万が一の際にもデータを失うことは少ないです。

写真アプリは純正アプリが優れているのですが、趣向を凝らした本格的な写真アプリも多数あり好評を得ていますiPhoneXのカメラは世代ごとにどんどんハードウエアが進歩していますが、iosのカメラアプリも正常進化してきています。


iPhoneXのカメラはもともと背面にしかなかったのですが、3GSから前面のカメラも備え付けられており、自分撮りも可能になってきています。

実際には背面カメラの方が性能が良いので自分撮りの際にも持ち方を工夫している方が多いようです。

iPhoneXのカメラは基本性能が高く、画素数が低い場合でも比較的綺麗に撮れると評判です。

これはハードウエアのみならずアプリ側でもさまざまな調整が行なわれているからです。
従来OS標準搭載のカメラアプリはあまり使い勝手が良くない場合が多く、調整もきかないので綺麗に撮れないことが多かったのですが、iosは対応する機材が少ないこともあり、個々のカメラ性能を活かした味付けが多数行われています。


そのため、純正アプリでの撮影でもほぼ修正なしで印刷に回せるほどのクオリティがあると言われるほどです。

また、動画機能も充実してきており、もともと修正することができなかったiosですが、iosのバージョンアップとともに動画編集機能も標準搭載しています。iPhoneXのハードウエアはある程度高いものが必要になりますが、利用者の多い5以降であれば問題なく編集することができます。
また、動画については4sからフルHDに対応していることから動画を楽しむ方も多くいます。



6からはさらにfpsが上がったことでiPhoneXでの動画機能は高い次元で使えるものとなっています。

Copyright (C) 2016 iPhoneXのカメラ関連のアクセサリ All Rights Reserved.