iPhoneXのカメラアプリで知っておくとよいこと

iPhoneXのカメラ機能は世代を重ねるごとに進化していますが、機能はシンプルであり初心者からベテランまで使いやすい設計となっています。

iPhoneXのカメラ機能は静止画、動画のそれぞれの撮影と撮影した画像の確認ができるのですが、撮影の際にいくつか知っておくと便利な機能があります。

iPhoneXのカメラ機能はオートフォーカスであり、カメラを動かせば自動でどんどんフォーカスを設定してくれます。



しかし、撮影によってはフォーカスをロックしたい場合もあります。



その場合には画面を長押しすればフォーカスがロックされます。

ロックは画面をタップすれば解除されますが、撮影の幅が広がるので是非とも知っておきたい機能です。


また、撮影については1枚ずつという方が多いですが、シャッターボタン長押しでバーストモードと呼ばれる1分間に10枚撮影するモードが使えます。

バーストモードはiPhoneXs以降に搭載されていますが、以前の機種でも連写モードになるので知っておくと大変便利です。

iPhoneXではそれほど連写が行えませんが、シャッター長押しである程度の連写ができるので知っておきたいモードです。


ただし、ぶれやすいので三脚を利用したり、しっかりと固定することが大事です。

また、画像一覧中にはサムネイルを長押しすれば画像が拡大して表示されます。
また、共有ボタンを利用すれば画像をコピーでき、他のアプリに貼り付けることもできます。
360度の風景写真を繋げて作り上げるパノラマ写真は、周辺の風景がよく分かり、開放感を感じられる写真に仕上がりますので、近年では人気のある写真の撮影方法です。

このパノラマ写真を撮影するアプリを導入したり、スマートフォンに予め搭載されているパノラマ写真モードを使う事で撮影が可能ですが、iPhoneXでもパノラマ写真を撮影出来るようになっています。

iPhoneXでパノラマ写真を撮影する為には、カメラ機能を起動後にパノラマ写真モードに変更して、指示通りに撮影を行っていくだけです。



iPhoneXを使えば、気軽にパノラマ写真の撮影が出来ますので、山岳風景や公園や海岸や屋上など風景の綺麗な場所でのパノラマ写真をいつでも撮影出来ます。

撮影したパノラマ写真は、写真共有サイトなどで公開する事もでき、ブログやWebサイトなどで公開すれば、多くのネットユーザーにパノラマ写真を見てもらう事が可能です。

iPhoneXは、比較的長時間駆動が可能ですが、モバイルバッテリーも一緒に持ち運んでおけば、より長時間パノラマ写真の撮影が出来るようになるでしょう。パノラマ写真は、広々とした空間を表現するのに適した撮影方法ですので、晴れた日に写真撮影を行っておけば、見る人々に興味を持ってもらいやすくなります。

パノラマ写真を撮影する時には、被写体の選び方も大切です。

山や川や街並みなどを被写体にしたりする事で、情緒のある風景写真として活かす事が可能になります。


Copyright (C) 2016 iPhoneXのカメラアプリで知っておくとよいこと All Rights Reserved.