iPhoneXのカメラの故障は修理することで直せます

iPhoneXにはカメラが搭載されていますが、インカメラとアウトカメラの2種類があることはあまり知られていません。

iPhoneXはカメラも含めて精密機器となるために、故障が発生することやゴミや水滴がつくことでフリーズしてしまう可能性があります。



iPhoneXのカメラでは、アプリが開かなくなることやピントが合わなくなる故障も起きます。

これらはシステム障害と考えられるために、接続をし直して復元作業をすることで元に戻すことが可能です。

復元作業を行っても症状を改善させることができないときには、カメラパーツの交換が必要になります。

また、本体を落としてしまったときや、衝撃や水濡れによって故障することもあるために、普段の使用するときから丁寧に取り扱うことを心がけることが大切です。

正規店では事前に予約することで修理してもらうことが可能で、製品の保証期間内であれば無償で対応してもらえます。
保証期間が過ぎているときには、直営店での修理には高い費用がかかることを把握しておく必要があり、費用を節約したいときにはiPhoneXの修理専門店に依頼する方法も選択できます。

修理の専門店では店頭に持ち込んでから素早く対応が行われるために、即日修理が可能です。



修理費用としても1万円以下でほとんどの症状を改善できますし、店頭まで行く時間的な余裕がない人向けのサービスとして出張修理も用意されています。ホームページや電話で修理の申込みをすることで、郵送修理の依頼も可能で、都合の良い時間帯に依頼しておくことで、宅配キットに本体を入れて郵送するだけで修理してもらえますので便利なサービスと言えます。iPhoneXのカメラは3GSのころから動画が撮れるなど、古くから利用者目線でさまざまな改良が施さえれています。
iPhoneXのカメラは標準アプリでも充分綺麗に撮れることからサードパーティ製のアプリは主に撮影以外の機能について力を入れることが多いようです。iPhoneXの標準カメラアプリは撮影の際にいくつかのテクニックが利用できます。
カメラは基本的にオートフォーカスなので本体が動けばピントが変わっていくのですが、デジカメでよく使われるフォーカスロックが用意されています。

フォーカスロックはアプリで表示されている被写体をクリックすればロックされます。


ロックは再度タッチすれば解除されますので狙ったピントを取りやすい仕組みが用意されています。フォーカスロックは解除されるまで維持されますので遠近感を使った撮影などさまざまな用途で利用できます。

iPhoneXのカメラだけではありませんが、スマートフォンのカメラは撮影時に音がなるようになっています。



これは着信音などを無音にしていてもなるのが仕様です。日本国内だけの仕様ではありますが、撮影時には気になるものです。
特に動物や赤ちゃんなどを撮影する際には撮影の邪魔とも言えます。


通常シャッター音は削除できないのですが、動画撮影モードにして静止画をとれば解除されます。

動画モードは静止画が取りづらい状況下ではありますが、シャッタースピードが早くなってきているので充分きれいな静止画を取ることが可能です。


Copyright (C) 2016 iPhoneXのカメラの故障は修理することで直せます All Rights Reserved.