iPhoneXで写真を上手く撮る方法

iPhoneXの画質も高くなり、とても綺麗に写真を撮れるようになりました。
しかし、やはり手ぶれや写真の被写体位置のズレで上手く撮れないことも多くあります。しかし、アプリをダウンロードせずに、iPhoneXの内臓アプリで写真を上手く撮る方法があります。

まずはiPhoneXの設定から「写真とカメラ」を起動して「グリッド」をオンにします。



それからカメラを起動するとグリッド線が画面に引かれています。

これを利用して被写体を上手く3分割に考え撮ります。



これだけで、出来の良い写真になります。

通常撮る時は、被写体を真ん中に置いて撮る方が多いでしょう。



しかし、これをあえて右側のほうにずらすことで、立体感ある写真撮影が可能になり、メインにピントが合わさり被写体の後ろはぼかしが効いてとてもよくなります。

あえて真正面に被写体をもってくる時は料理をアップで美味しくみせるなど、特に物体をアピールしたいと、そういう時に使うのがオススメです。


また撮影時、脇を閉じることでブレのない良い写りを撮ることができます。

脇が開いでいると余計な力がiPhoneXに加わり、ブレやすいのです。

さらにもう一段階綺麗に撮影するには、連写がオススメです。

一回のチャンスしかないショットをブレや被写体の動作により撮れなかったということがあります。

そこで連写をしておけば、一番良い写真を選ぶことができますし、またあえて躍動感のある普通では撮れないような写真もできたりします。

iPhoneXにはカメラが1台もしくは2台ついてます。

それらは専用のアプリで利用できますが、iPhoneXから動画も撮影できます。カメラは世代ごとに画素数や撮影モードが増えており、4sからはフルHDの撮影にも対応が始まっています。
カメラ機能はアプリで制御されますが、カメラアプリは大変シンプルに作られていることが多く、初めての方にも好評です。

iPhoneXのカメラアプリは基本的な機能の他にもさまざまな機能が好評です。例えばカメラを利用する際、フォーカスはオートフォーカスですが、画面を長押しすることでフォーカスがロックされます。
フォーカスのロックは撮影に幅をもたせられますので表現の幅が一気に広がります。

また、撮影した画像はサムネイル表示されますが、クリックすることで拡大も可能です。

また、長押し、もしくは共有ボタンを利用することで他のアプリとも共有することができます。


画像をコピーすると他のアプリで貼り付けられます。

また、逆にSafariなどのブラウザでは画像を長押することで画像をカメラロールに保存することも可能です。


保存された画像は壁紙にも利用できます。
また、icloudやDropboxなどと連携すれば撮影したり、保存された画像は自動的にクラウドへ保管でき、PCやMacからも利用できるようになります。


カメラアプリではこの他にシャッターボタンを長押しすれば連写が可能となりますので是非とも覚えておきたい機能ばかりです。



Copyright (C) 2016 iPhoneXで写真を上手く撮る方法 All Rights Reserved.