• 自宅でも活用できる無線LAN

    オフィス内や自宅内のパソコンをつないだLANを構築すると、一つのファイルを複数のパソコンで編集したりパソコン同士でデータをやり取りすることが簡単にできます。エクセルで作ったスケジュール表を、部署内の社員が使っている各パソコンで同時に閲覧したり編集している企業は、珍しくありません。

    いろいろな自宅の無線LANについて知るならこのサイトです。

    また一台のプリンタを共有して複数台のパソコンから文章を印刷することも、LANの利用例として一般的なものです。
    通常このようなLANを構築するには、ケーブルを使ってパソコン同士を物理的に接続する必要があります。
    実はこのケーブルが、LANの利用にさまざまな制限を与えます。


    たとえばLANが設置されている部屋から離れた自宅内の部屋など、ケーブル配線が難しい別の場所にあるパソコンでLANを利用したいときです。

    長いケーブルが必要になりますし、仮に条件に合ったケーブルがあっても目的の場所までの廊下や階段を引きずることになります。



    本来オフィス内や自宅内を自由に持ち歩いてどこでも利用できるはずのノートパソコンも、LANのためにケーブルで接続してしまうとこのメリットを制限されてしまいます。


    そこでケーブルなしでパソコン同士を接続できる無線LANが、注目され始めました。

    無線LANならケーブルの長さや設置する場所を気にすることもなく自由にLANを設計し、パソコンをレイアウトすることができます。

    この点が無線LANが、注目された理由です。